我が家のお花&アクアリウム&・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の鳥たち 先日の続き

<<   作成日時 : 2018/06/15 19:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

先日の軽井沢での鳥撮り、「コルリ」以外も少し写せたので覚書です。


「シジュウカラ」のヒナ。

画像


巣箱がかけられていて、親が餌を運んでいました。


画像


シジュウカラは、ネクタイ(首からお腹にかけての黒い線)でオスとメスの区別をするそうです。
これは、たぶん「オス」ですね。
太い方がモテるんですって。




それから、声が一番たくさん聞こえていた「キビタキ」

画像


この日は、北軽井沢に一泊したのですが、朝からずっ〜と鳴き声が・・・
目が覚めました(苦笑)
なのに、姿はほとんど見えず。




たぶん、ここで子育て中の「ヤマガラ」

画像


この子も、声はするけど、葉や枝が被って見つけるのは一苦労。




大きな声で存在感抜群だった、黄色いくちばしの「クロツグミ」

画像


ツグミらしい、お腹の模様が見たかった・・・




地元でも見られるけど「コゲラ」

画像


等々、あまり良く撮れていない物も、初心者として記録に。
「ヒガラ」は声だけで、写真は撮れませんでした。



さて、ピッキオの散策道では、秩父に続き、またニョロニョロにも遭遇してしまいました。
こんな短期間に2回もニョロを見ることになるなんて・・・
山、怖い(苦笑)

6月初旬の軽井沢では、葉が完全に茂っており、鳥の鳴き声はすれど姿は見えず。
「バードウォッチングは春まで」を、実感しました(笑)




最後に、今日読んだ軽井沢の「ピッキオのブログ」で残念な出来事が記事になっていました。
(少しショッキングな写真もあるの・・・内容は簡単には以下参照)
先日のコルリの巣、中のヒナが何か(哺乳類)に食われてしまったのです。
それが、もしかしたら、人の手によって、中を見やすいように工作をされたことによるかも知れないとのこと。

鳥撮りを初めたばかりですが、こんな悲しい気持ちになる出来事があるとは、思いもしませんでした。
自然の摂理で、ヒナが巣立つことが出来ないということは、想像出来ましたけど・・・
特にこの巣は、ヘビだって入れるような場所にありましたから。

実際、少し離れた所には、たばこの吸い殻が落ちており、
人によって葉が荒らされた感じの部分もあったのですが、巣に近寄るようなことは考えもしませんでした。
(親が警戒して来なくなっちゃったら、ヒナが餌を貰えなくなるから)
しかし、離れているとは言え、それなりの時間撮影をしていた私たちは、親には目障りだったことでしょう。
今後、特に巣のそばでの撮影には気を付けなければと、よくよく考えさせられました。

せっかく楽しい鳥の記事を読みに来て下さったのに、気持ちが沈む内容で申し訳ありません。
それでも、鳥のことを読んで下さる方に、こういうことを知っていただきたくて。


画像


これからも楽しい鳥撮りが、続けられますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
そうかバードウォッチングには
葉の茂らない時期に成程!
しかしエサを加えた小鳥さん
綺麗に撮れてますね〜
すーちん
2018/06/16 00:10
★すーちんさん、おはようございます。
そうなんですよ。夏は、虫も出てきますし、バードウォッチングはお休みするのがちょうど良さそうです。
シジュウカラ、家だとひまわりをくわえているのを撮るのがやっとですが、ここでは、こんな写真がたくさん撮れました。
ちゅう
2018/06/16 10:26
おはようさん 旦那さんの趣味にお付き合いとお泊りなら遠出も良いわね。
野鳥の観察は若芽が出るチョッと前から渡り鳥とか見れるわね〜チャンスは葉が落ちる時から・・・

心無い事をする人は何に限らずですが・情けないねぇ。・・楽しみが一変しますからね〜自然相手の生活も守らなければ等々守らなければ生らないルールが有るんだけど。 子育て中は人も同じで神経使いますから・・・見守って欲しいわね。
私はもう山には行けそうに無いわ こわや こわや!
かどやん
2018/06/16 10:47
ちゅうさん、こんにちは〜
ブログ見て来ました、コルリの巣って木の根っこに作るの?
人間が触っちゃいけないよね

こちらでは、狩猟解禁になると池のまわりの散歩道に、
鴨の羽がむしられて捨てられてる所を目にします。
鉄砲音だけでもドキンとするのにね、
マナー無い人が鉄砲持ってるのも、怖い(ーー;

でも自然の中で小鳥の声、姿が見えると、ほんと癒されます。
我が家は毎日うぐいすの声やチルリルリとさえずる小さな鳥の声が聞こえます♪
みそさざえかな?、、なんて思っていますが、
写真に写したけど、小さくて分からない(笑)

楽しく、夫婦で鳥撮り、楽しんでね、
私も見せてもらえるの楽しみにしてます
ラムネのあぶく
2018/06/16 11:54
楽しみな鳥の撮影、こちらもいろいろな鳥が見られるのは嬉しいです。
でも残念なこともありますね。巣を荒らしたり、じゃまをすることは、普通に考えればわかることです。にょろにょろ、もいやですが。
はるる
2018/06/16 20:10
★かどやんさん、おはようございます。
今回は、7月で期限切れの宿泊券を使って(ギリギリ)、一泊してきました。
軽井沢は涼しいのですが、いくら何でも遅くてね・・・葉が茂っていました。夏は、基本お休みですね。
ここは国設の野鳥の森で、ピッキオ(星野リゾート)が管理をしており、有料ツアーがあるのですが、誰でも無料で入ることが出来るのです。なので、余計に軽い気持ちの人もいるのかも知れません。もちろん、普通なら分かりますけどね。
ね〜、ニョロ、いるんですよ。散策道を、さっさと一人で歩いて行ったら出ました(笑)怖かったですよ。
ちゅう
2018/06/17 09:39
★ラムネのあぶくさん、おはようございます。
コルリ、倒木の下などに巣を作るようです。木の上ではないのですね・・・もともと、この施設のスタッフブログでは「散策道に近すぎる」と、気にしているようなことも書いてあったのです。
自然の中でのマナーって、その人の本質が出る気がします。生き物や植物のことを考え、それプラス、そこを使う他の人のことも考えて行動しないとダメですよね。
ミソサザイが、そちらにはいるのですね。ミソサザイの沢と名が付いている場所が合あり、それらしき鳴き声は聞こえていたのですけど、見ることが出来なかったのでがっかりしていたのですよ。
鳥は、近くだと逃げるし、遠いと良く見えないし(笑)自然の中の散策も楽しい(健康的ですしね)ので、これからものんびり鳥撮りしようと思います。
ちゅう
2018/06/17 09:54
★はるるさん、おはようございます。
鳥撮りから楽しく帰って来たのですが、後から、こんな報告があるとは思いませんでした。
何となく、自分も自然の中を汚してしまった気がして、少し気が重かったのです。普通に考えれば・・・ですよね。
そして、ニョロがいるのですよ。夫よりも先を歩くのは、出来るだけやめようと思います(笑)
ちゅう
2018/06/17 10:02
私もブログ記事を見てきました。
コルリの件は、とても残念で悲しいですね…
成鳥になれる確率は低くても、巣立ってほしいですもん。
自然の中にあるものは人が勝手に手を出してはいけないですよね。

私はおニョロがぜ〜ったい×なので、
気温が上がってからの山や沢歩きは無理(苦笑
大好きだった山菜採りも今はオットに任せてます。

saiwai
2018/06/19 18:22
★Saiさん(何故saiawaiに(笑))、こんばんは。
本当に、残念なブログ記事なのです。もちろんこんなことはない方がいいのですが、そうなってしまったら、発信することも必要なんです。
コルリは、4〜6個ほどは産むようなので、他のヒナは無事であって欲しいなぁ。
自然の摂理は、もちろん残念に思うこともありますが、しょうがないと受け入れられますけど、今回はとても心苦しいです。

今年はツバメは来ていますか?ツバメは、人の出入りがあるところを選んでいるんだから、身近で観察し放題ですね。
ニョロ、人生で数えるほどしか見たことないのに、ここ最近で2回も見てしまいました。やっぱり自然の中には、いるもんなんですね(苦笑)歩くだけならまだいいけど、手を突っ込む山菜採りは怖いです。
ちゅう
2018/06/19 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の鳥たち 先日の続き 我が家のお花&アクアリウム&・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる