我が家のお花&アクアリウム&・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年 母の腰の手術終了&骨粗鬆症

<<   作成日時 : 2013/02/22 20:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

今週は、母の腰の手術がありました。
(記録の為に、覚書含めて書きます)

いわゆる「脊柱管狭窄症」です。
(夫くんの父も、術式は別ですが手術経験あり)

数年前から手術をドクターより勧められていましたが、
入院期間の長いこと(当時は祖母の介護がありました)、それなりのリスクがあること等などで、
なかなか手術をする気になれず。

しかし、昨年、大腿骨の骨折をしたことにより、手術、入院に対しての考えがかわり、
また、年々、足のしびれや下半身の痛みが強くなり、
年内に手術をする決心をし、今回の手術に至りました。


手術は、無事終了。
(翌日、自己採血分を輸血)

術後は、傷口の痛み、同じ姿勢で寝ていることの痛みで、
「こんなに痛いのは、人には勧められない」などど言っていましたが、
(狭窄症の人が、知り合いにゴロゴロいる(苦笑))
術後2日目、椅子に座れるようになったら(コルセット着用)、かなり楽になったようです。


ドクターが信頼できるというのも、本人と家族には安心できる材料でした。
今回は「命にかかわる手術ではないので、術前術後の「評価」がすべてです」
と、説明時に言っていたのが印象的でした。
術後も「書類の整理がありましたから」って、一晩ナースステーションに詰めていてくれたそうです。


さて、手術は無事終了しました。


が・・・


術前のCTで、胸椎と腰椎の2か所に「圧迫骨折」が発見されました。

「手術時に確認したら、もう治っていますので、
前回のCT(昨年の3月)〜今から3カ月以前の間に骨折したようです」とのことでした。

本人、気が付いていなかったようで・・・
そして、みんなで「妹の結婚式の時の着付け???(昨年11月)」等と考えていますが謎

で、これに対しては、骨粗鬆症の治療として「テリパラチド」の注射の方向でいくつもりです。
・「フォルテオ」を毎日、皮下注射
・もし、自己注射が無理そうなら、「テリボン」を週1回通院にて注射

まぁ、簡単な皮下注射なので、自分で出来ると思います。


糖尿病(内服薬のみ)がありますので、傷口がふさがりにくかったり感染を起こしやすいので、
まだ安心はできませんが、
これからは、リハビリがどれだけ順調に行くかが鍵ですね。

さて、お彼岸までに、家に戻ってこられると嬉しいのですけどね。



画像



自己採取種のビオラ、咲き出しました。
また、今年も紫系が多そうです。





〜下記、覚書です〜

術式 後方アプローチによる「「脊椎固定術」
手術時間、約5時間 全身麻酔

2番−3番 3番−4番 4番−5番のすべり症で、神経の圧迫をとる為

・チタン製のスクリュー(ネジ)を左右で6本&ロッド(棒)で固定
・3番−4番に左右2か所、ピークカーボンをかませた


術後、右側の神経が赤く腫れていたと教えてもらう。
翌日、自己採血をしておいた血液で、輸血をした。

自己採血(400cc)は約1カ月前、それ以上前だと血液の状態が悪くなる、
が、手術日に近いと、採血時の貧血が戻らない。
(実際、母は、貧血が完全には戻っていなかった)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
たいへんな手術ですね・・・
でも、我慢していた
痛みがなくなるのだったら
受けた方が、良いですね・・
信頼のおける思いやりのあるドクターに
出会え良かったですね^^
術後病院にいてくれたんですね。
ありがたいですね。
着物の着付け?帯しめで
もしかしたら
骨折ってことでしょうか?
骨もろくなっていたのでしょうか
今後も他人ごとではなく
骨に気を付け無ければって思います。
実家の母も2年ぐらい前
ちょっと転んだだけで
胸骨骨折しました。
お母様お大事になさって下さい。

はるこ
2013/02/23 18:32
おはようございます。
ご家族に介護を必要とされる方がいらっしゃると
どうしても自身の事は後回しになってしまって、悪化
させてしまったりと、大変ですよね。
無事手術も終わられよかったです。
すーちん
2013/02/24 10:08
★はるこさん、こんにちは。
神経を触る手術なので、やるのはリスクを伴いますし、大変な手術だと思います。
でも、ここ5年の痛みがなくなるのであれば、やってみたい手術だったのでしょうね。
ドクターは、若い先生で(40代半ばかなぁ〜)、普段も優しいのですよ。妹の結納が去年母の大腿骨の骨折で長引いちゃった・・・とかお話してあったら、今回の手術の説明時に妹に「ご結婚されたんですよね。おめでとうございます。」とか声をかけてくれたり
骨はもろくなっていきますから、子どもの頃からカルシウムを気をつけてとることが大事です。私も、牛乳は、毎日出来るだけ飲もうと思います。
お互い、気をつけましょうね〜。
祖母も尻もちをついたときに、胸骨の圧迫骨折したことがあり、母がいない時だったので大変だったことがあります。
ちゅう
2013/02/24 15:23
★すーちんさん、こんにちは。
ありがとうござます。
あとは、手術前よりも良くなっていることを願っています。
家族の介護は、難しい問題ですよね。
祖母を長い間介護していたので、いいこと悪いこと、両方みえているので、自分の両親についても色々考えてしまいます。
ちゅう
2013/02/24 15:27
手術、無事終わってよかったですね。
痛みがとれるのであればやってみたいとのこと、わかります。
お母さま、ずいぶん我慢されたのですね。
なるべく早くおうちに帰れますように。
お世話も大変だと思いますが、うちは私も主人も親は亡くなっていますので、今頑張っていただきたいです。
はるる
2013/02/24 19:05
ちゅうさん、こんばんは。
お母様の手術、無事終わって何よりです。
私も腰痛もちなので、腰の痛みのつらさは良く分かります。
これからリハビリ等大変でしょうけど、
ご家族で支えあって頑張って下さい。
お母様もお家が一番でしょうから、
早く退院できることをお祈りしています。
Sai
2013/02/24 21:47
ひと先ず、手術が無事終わってほっとされていることと思います。
腰の手術、お母様がなかなか決断できなかったお気持ち痛いほどわかります。
大変な場所ですからね。
手術前の説明では考えられる効果とリスクについて説明があったかと思いますが、あれを聞いてしまうとリスクばかり気になってしまいますよね。
それでも決断されて手術を無事終えたお母様と支えていらしたちゅうさんに敬意を表します。
リハビリも少しずつ、あせらずじっくり進められるといいですね。
お母様が無事退院できることを心よりお祈り申し上げます。
リコリン
2013/02/25 11:14
★はるるさん、こんばんは。
「手術、終わっちゃって良かったね」って、手術翌日に言ったら「こんなに痛いなら、やりたくなかったよ」って言っていました(苦笑)
でも、その後の回復はかなり早いようで、今日はつかまることなく歩くことが出来たそうです。
早く家で、リハビリがてら家事をしてもらえると助かります(笑)
両親が大変な思いをして介護をしていたのを見ているので、出来るだけ健康でいてくれるといいなぁ〜って思っています
ちゅう
2013/02/25 18:22
★Saiさん、こんばんは。
私も、腰痛持ちなんです(苦笑)ゆっくり立ち止まって美術館で鑑賞していると、痛くて痛くて・・・なんて時期もありました。歩いている分には大丈夫なんですけど。
リハビリ、筋肉痛がかなり痛いようなんです。大腿骨の時は「何の痛みかわからない」なんて。そしたら筋肉痛だったという具合です。
今回は自分で家中きれいにして入院したので、帰ってきても楽だと思いますよ(笑)
ちゅう
2013/02/25 18:28
★リコリンさん、こんばんは。
腰の手術、リコリンさんも説明を受けていると思いますが、気持ちが揺らぎますよね。
術後@「きちんと話が出来るのと、足先が動くのを確認して下さい」って言われていましたからその時と、A立てるようになったのを見た時は、本当に安心しました。
妹が結婚をしたのも、いい機会だったかもしれません。父も妹も時間が自由に使えるの、みんなでどうにか仕事も家事も母への付き添いもまわしています。
リハビリも同じ様な人がたくさんいるようなので、刺激になるようです。
はい、母も私たちも、早く帰ってく来てくれることを祈っています!
ちゅう
2013/02/25 18:36
痛いおもいをされましたが順調に回復しているご様子、少しずつ楽になってくださる事を願っています。発見の骨折、痛みは強くなかったようですね。注射の副作用も少ないとよいですね。父が昨年癌で重粒子線治療を受け、う〜ん随分進んでいたようで、年内大丈夫かしらと家族は心配していたのですよ。有難いことにホルモン注射も2年でやめられる程になりました(@_@)その検査でラッキーな事に別のごくごく初期の癌が見つかり3月に2日入院で手術です〜医学の進歩に感謝と驚きですよね。
めめ
2013/02/28 17:35
★めめさん、こんばんは。
術後、本当に痛かったようですよ。60過ぎの弟に「あなたは我慢できないわよ」何て言っているようです。そして看護師さんに「石が乗っていませんか?」って馬鹿な質問もしたようで(苦笑)
骨粗鬆症の注射も、液は約1カ月分が1本になっていて、針だけ交換をするだけなので、とっても簡単だそうです。入院中に始めたので副作用についても、良く見てもらえるのが安心です。
お父様、重粒子線受けられたのですか。うまくいったようで良かったですね〜。たまにテレビで治療を見かけますが、本当に短期間の入院で済ませる方もいるようですね。
体力をつけて、手術を無事に終えられることを祈っています。めめさんもご家族も、健康に気を付けてお父様を支えてあげて下さいね!
ちゅう
2013/02/28 19:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2013年 母の腰の手術終了&骨粗鬆症 我が家のお花&アクアリウム&・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる