我が家のお花&アクアリウム&・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の「キャリエール夫人」は・・・

<<   作成日時 : 2012/05/22 17:47   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

今年はいまいち納得のいっていない「マダムアルフレッド・キャリエール」です。

画像



誘引を、脚立が重いからと、椅子で届くところしか結ばなかったのが敗因です。


画像



今日から、花びらが散り出しました。
明日の朝は、雨の後だし大変かも。


画像



朝か夕方ばかりの写真で、日射しが強すぎの写真ばかり。


画像



薄ピンクとたくさんの花びらが、かわいいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
きれいな色ですね。
こういう名前の人が昔いたのでしょうか。
納得がいかないのですか。
なかなか難しいのですね。
はるる
2012/05/22 20:36
キャリエール夫人のピンク素敵ですね〜
ずいぶん背が高く大きくなりましたね
今日の雨は・・・残念〜散っちゃう〜
誘引なかなか難しそうですね〜
はるこ
2012/05/22 20:43
納得いっていないとのことですが、私からしたら「うらやましい〜」の一言です。
ちゅうさんの家のキャリエール夫人に憧れて昨年植えた我が家の夫人、今年はたった一輪だけ咲いてすでに散りました。
やわらかい色合いが名前の通りのステキなバラですよね。
リコリン
2012/05/23 13:01
ちゅうさん、こんにちは〜
綺麗ですよキャリエール婦人♪
ツルバラは誘引が肝心、、、その後の手入れにも、ひびいてくるし、、
、、、と、我が家では足下に花壇を作ってしまって、
手入れが行き届きませんでした、
CLアイスバーグ(><)
今から、足下の花が済んだら、「ああしよう」、、「いやこうしよう」、、と
思いを廻らせています(笑)
ラムネのあぶく
2012/05/23 14:09
★はるるさん、こんばんは。
フランスの有名な育種家の家系があるようで、その中の一人により作られ、バラ愛好家のキャリエール夫人にちなんでつけられた名前のようです。
素敵ですね〜
重なった大きな枝がたくさんあり、あんまり美しい誘引とは言い難いのです・・・今年は、伸び始めた枝の誘引もしなかったので、手抜きをするとこういうことになるってことで(苦笑)勉強になりました!
ちゅう
2012/05/23 20:12
★はるこさん、こんばんは。
最初はかわいいピンクで、そのうちフリフリがやわらか〜く、ティッシュのようになります(笑)
大きく大きなっています。こうなって欲しいと思っていましたが、なってみると大きすぎ?って
もうそろそろ散りますって時の雨は、こたえますね。そろそろ、花がらも摘み始めないといけません。
ちゅう
2012/05/23 21:16
★リコリンさん、こんばんは。
何か重なった枝がたくさんで、いまいちなのですよ。
そうでしたね、リコリンさんも。
2009年5月には、我が家も2個しか咲きませんでした。これが、あれよあれよと・・・
花びらが柔らかいのですよね。今年は、雨風で傷んだ花が多く、写真を撮る気力もあんまりなかったのが事実です。
ちゅう
2012/05/23 21:20
★ラムネのあぶくさん、こんばんは。
剪定、ばっさりし過ぎたのが原因ではなく、その後、伸びた枝をマメに誘引しなかったのが敗因です(笑)やっぱり手を抜くとダメですね。
足元に花壇は・・・厳しいですね(苦笑)
このキャリエールは、通行人に邪魔にならないようにって気を遣うってことも、誘引を難しくしているのです。
やっぱり、毎年いろいろ反省、改良で・・・いつになったら納得のいく庭となるのでしょう
ちゅう
2012/05/23 21:29
光がまた綺麗と見てました^^ バラの誘引したことがないのですが、枝が残るので途中経過も重要そうですね ハーブの蔓なんで邪魔なら手でポキッ、また生えるのよ(笑)で終わりですものね〜 
めめ
2012/05/25 23:18
★めめさん、こんばんは。
一眼レフは、光が強い時にどうやって撮ったらいいのか、いまだに試行錯誤です。
昼間も日射しが強いし・・・
バラは、欲張った挙句にツルものばかりが集まっていますから、誘引は必須なんですよね。
今日は、ミニバラを飲みこみそうになっているセージ類を、ぽきぽき折りましたよ〜。
ちゅう
2012/05/27 19:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年の「キャリエール夫人」は・・・ 我が家のお花&アクアリウム&・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる